オシフィエンチムからクラクフへ 2012年4月28日

さて、クラクフへ戻りましょう。
帰りはクラクフ行のバスでクラクフへ戻ろうと思っていましたが、残念ながら次のバスは1時間待ちでしたので、帰りも電車で帰ることにしました。

オシフィエンチム駅まではアウシュビッツ博物館の近くにバス停があり、バスでも行けるのですが、まだ電車の時間に余裕があった為、歩いて駅へ向かうこととしました。
こちらがバス停とバスの時刻表です。

画像


画像


オシフィエンチム駅までは一回突き当たりを右に曲がる以外はこのような一本道ですので、分かりやすいです。

画像


オシフィエンチム駅までは15分ほどで到着しました。

画像


まず、入口から入って右側にある1つしか空いていない切符窓口でクラクフ中央駅までの切符を買いました。

画像


こちらの駅も英語は通じましたね。切符は行きと違い、簡素なものですね。
帰りもこちらの古ぼけた電車でクラクフに戻ります。

画像


ホームは複数ありますが、実質一つしか使っていないようです。

画像


まだ、出発時間まで余裕があったので、駅構内を探索します。
駅構内には大きいバックパックか中くらいのスーツケースが入りそうなコインロッカーがありました。

画像


ホテル等に荷物を預けずに、こちらのコインロッカーに入れて、アウシュビッツを周ることもできそうです。
コインロッカーの左側にはトイレがあります。

トイレは地下に降りていくところにあり、利用料は2zlと若干高めでした。

構内には行先掲示板もありました。

画像


ホーム側にも行先掲示板はあります。

画像


さて、電車に乗り込みます。帰りも中は一緒ですね。

画像


オシフィエンチムからの電車は帰りもガラガラでした。大半の観光客はツアーで来るか、バスなのでしょうね。
オシフィエンチムからは行き以上にのんびり走ります。

途中、こんな駅を通り、

画像


オシフィエンチムから1時間50分ほどで、クラクフ中央駅に到着しました。
まずは、ホテルにチェックインが必要ですので、ホテルに向かいます。

こちらが泊まっていたPTTK Wyspianskiというホテルです。

画像


中に入ると団体さんがいて、ロビーは大混雑していました。
何とかチェックインを済ませ、預けていた荷物をピックアップし、無事部屋にたどりつけました。

次はこの後行ったクラクフ市内観光を紹介します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック